blocking

カラーとブロッキング(EX)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブロッキングの補足?

ブロッキングの話はもう終わったんですが…。時と場合によってはもう少し細かく分ける必要が出てくる時があります。その時に補足しても良いのですが先にまとめておこうと思います。とりあえずはこの話を読まなくてもしばらく大丈夫なので、RPGでレベルを上げきってからでないとボスに挑まないような方は先にこちらを読んで下さい。


①前髪のブロッキング

当然ブロッキングの話の時に「前髪は?」と思われたかと思います。前髪は今後の《毛流》の話で理解がややこしくなるかと思い、あえて外していました。トップの毛流が、前髪あり、なしで少し複雑になるからです。

まずはほとんどのケースに対応できる不変のベースを解説しようと思っていたのですがこのペースで記事を書いたら前髪がある方に実践的な対応ができるようになるまでどんだけかかるんだ?と我ながら疑問がでたので理解度で並行して話を進めます。

前髪のブロッキングは少し変則的です。当然それぞれ広さ、深さが違います。 しかし個人差があるだけでとるのは特に難しくないはずです。

bang

《上図》相変わらずひどい絵です。

スッピンのウォーズマンみたいになっていますが、黒の実線が髪のアウトラインだと思って我慢してください。これを単純に前髪の部分だけ取ればいいだけです。《下図》

bang2

以上です。が、ここからがある程度の平均的な前髪のブロッキング知識になります。

展開図上、前髪はどこか?

特別広い、深い、短いとかではない限り前髪をとる位置ってあまり変わらないような気がします。(カットは全くしないので誤解であればすいません)

じゃあどっから取ってるの?という話です。

top1-2《上図》こちらはトップの展開図です。頭頂部を①、額を②とします。

①から②へ正中線をなぞると、頭頂部の出っ張りからスタートし、①②の中間よりやや②よりでもう一度出っ張りに当たります。この地点を③とします。《下図》

top123そして、目尻から地面と垂直にフェイスラインへ結んだ時の点を④とします。《下図》

bang4

この③と④を結んでできるフェイスラインを底辺とした三角錐に近い形ができるはずです。《下図》

banglast

《上図》斜線部がその三角錐に近い前髪領域になります。


最初にお伝えしたように前髪は個人差があります。基本の形として知っていただければと思います。ただ結局は前髪が深い場合は③の三角錐頂点の位置がずれ、広い方は④の位置がずれる。という感覚でいます。もちろんさらなる例外もあり、この先も変化はあるでしょう。あくまでカラーリストの私の前髪の捉え方の基本です。

カットの先生方、ご理解いただければと思います。


②ミドル前部分にアンダーはないのか?

2つ目の補足はこちらです。まずは《下図》をご覧ください。

midoru

以前ブロッキングで定義した”ミドル”パートです。

《上図》を見ると浮かぶ疑問・・・なんか変な出っ張りがないか?

midoru2

《上図》赤線枠部分です。明らかに無理やり足した感があります。これはミドルでいいのか?

本当はダメです。

理由を説明します。

*ここから先は多少突っ込んだ内容になります。徐々に理解いただけるよう記事をあげていきます。現段階で意味がわからなくても気になさらないで下さい。


そもそも、ミドルとアンダーのパート分けは、必要ないかも知れません。今のご時世には。

スタイルでどちらかと言えばロングが多いような気がします。昔のようにウルフとかハイレイヤーは少ないはずです。

髪を下ろした時,ミドル、アンダーの可視領域はレイヤーの幅、調整した毛量とイコールだと仮定します。

(髪を下ろすとトップの毛でミドル、アンダーは隠れますが、レイヤーが入れば入るほどトップの丈が短くなりミドル、アンダーが見える。またトップの毛量調整がなされていると下ろした時にトップの厚みが減り、透けてミドル、アンダーが見える。という意味)

となるとロングでグラデーション、ワンレンの場合ミドル、アンダーは合わせて2,3㎝程しか見えず、その中でミドル、アンダーを分ける必要があるのか?という話になります。

しかし、ロングであればかなりの確率で巻く時代です。巻いて、髪が上がり、ウェーブになる時にミドル後、アンダー後は面積が広いため、分ける必要がでてきます。しかしミドル前とアンダー前を作った場合、アンダーパートの面積が少ないために別々で考えると混乱してしまう方が多いです。

今後記事を読んでいただくと出てきますが、ショートだった場合、ハイレイヤーだった場合、などに対応するためにミドル前の下半分というような表現が出てきます。

私個人は別個で分けた考えを持っていますが、正直そこまで求められていないのが普段スタッフ等に教えさせていただく中で感じる部分です。

経験のある方、より深く興味を持たれる方は個人的にお願い致します。


ということでしばらくは前部分にアンダーパートは設けないでいきます。

気が変わったらすみません。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNS

表参道カラーリストSNS


・記事更新のお知らせ

・今後はsnsのみのコンテンツも考えています

・下部フッターよりフォローお願いします。

facebook page

serch

コメントを残す

*